shine muscat

「どろや」大人気のシャインマスカット

【販売時期目安 7月~8月】

「シャインマスカット」は高糖度で皮ごと食べられ、幅広い世代から人気の品種です。

「どろや」では、食味を重視し、糖度18度以上で酸度0.6%以下の基準で糖度検査を行っております。

厳選したシャインマスカットです。安心して、お召し上がり下さい。

shine muscat

日本生まれのシャインマスカット

シャインマスカットは果樹研究所が開発して、2006年に品種登録された日本の広島生まれの高級大粒ぶどう品種です。

安芸津21号と白南をかけあわせて作られたのがシャインマスカットです。

硬くしまりのある肉質のシャインマスカットは皮がパリっとしていて

口の中ではじけるみずみずしさと、香りが楽しめるとにかくおいしいブドウです。

皮の感触も殆ど残らず丸ごと食べられるのが特徴です。

「どろや」のシャインマスカットは八女産

「どろや」のシャインマスカットは、産地直送。

どろや」の運営は、福岡の八女にある“JAふくおか八女”です。

八女と言えばお茶が有名ですが、お茶に適した気候は、シャインマスカットにも大変適しており、

みずみずしくおいしいシャインマスカットが栽培されています。

シャインマスカット マスカット 緑 葡萄 ブドウ ぶどう 予約 福岡 八女 どろや ギフト プレゼント フルーツ 果物 ショップ オンライン

シャインマスカットの特徴

皮つきでも食べられる
image 1

シャインマスカットは皮つきでも食べられる品種です。

薄い皮で渋みも少なく、果肉を食べるのに味の変化はほとんどありません。

パリッとした食感が大好きという方も多く、お子様にも大人気です。

ブドウの中でも甘みが強い

シャインマスカットは他のブドウに比べて、糖度が高く

それでいてさっぱりとした後味が特徴です。

みずみずしいおいしさと甘味そして、芳醇な香りで

何個でも食べられるおいしさです。

もうすぐ、「どろや」のシャインマスカットの販売時期がやってきます。

おいしいシャインマスカットに会えるのまで、楽しみにお待ちください。

概要・歴史[編集]

広島県東広島市安芸津町にある農研機構のブドウ研究拠点(旧農林水産省果樹試験場安芸津支場)において育成された栽培品種で[1]、育成地の広島では8月中旬に成熟する早生種である。

日本で一般にマスカットと呼ばれる「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は食味・食感が良いブドウだが、同種を含むヨーロッパブドウは雨の多い地域では実が割れたり病気になったりしやすく[4]、日本の気候には適しておらず栽培にはガラス温室等の施設が必要であった。病害に強く、日本の気候にも耐えられるアメリカブドウは噛み切りにくい触感で、一般的にヨーロッパブドウに比べ食味が劣るとされる。またフォクシー香という独特の香りがある。

これらの欠点を改良すべく、アメリカブドウの中でも糖度の高い栽培品種「スチューベン」[5]とマスカット・オブ・アレキサンドリアの交配を行い、「ブドウ安芸津21号」が誕生した。この安芸津21号はマスカット・オブ・アレキサンドリアに似た肉質を持ち、やや大粒であったが、マスカット香とフォクシー香が混ざった、あまりよくない香りを持っていた[6]。そこで、山梨県の植原葡萄研究所にて誕生した「品質、食味は最高だが、果皮の汚れがひどく諦めた品種」である大粒なヨーロッパブドウの栽培品種である「白南」[7](カッタクルガンと甲斐路の交雑種)を交雑し、マスカット香のみを持つ本品種が誕生した。

1988年昭和63年)に安芸津21号と白南を交配した実生から選抜され、1999年平成11年)から2002年(平成14年)まで、「ブドウ安芸津23号」の系統名をつけて系統適応性検定試験に供試し全国で特性を検討した。名称を「シャインマスカット」とし、2003年(平成15年)9月5日に登録番号「ぶどう農林21号」として命名登録、2006年(平成18年)3月9日に登録番号「第13,891号」として品種登録(有効期限30年)された[3]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ